わがままなあなたがいちばん第一話ほか




【プロローグ】



「オギャーって生まれたとき、あなたがパパとママに運んできたものって何?おしめを替える面倒?おっぱいをあげるわずらわしさ?夜無きによる寝不足?

それだけ?あなたはもう知っている。パパやママも知っている。



 あなたは宝物。何もしなくったって、ただいるだけでパパやママの心を豊かにする宝物だってことを。

 そんな宝物を、あなたは神様から預かってきているんだよ。

 だから、あなたはもっともっとわがままでいいわがままなあなたがいちばん」



【私さえがまんすればいいの?】



 私はえり。17歳。高校生。

でも、もう半年くらい学校へ行っていない。不登校ってやつ。

 本当は行かなきゃって思っているんだけど、行く意欲がわいてこない。

「なぜ、学校がいやになっちゃたの?何が気に入らないの?えりちゃんは小さいころからパパやママの言うことをよく聞くいい子だったのに、どうしてパパやママを悲しませるの?」

 って、パパもママもパニックになっちゃって、学校に行かなきゃ人生おしまいみたいな感じで、すごく恐かった。



 優しいママに、働き者のパパ。あんなに素敵で私のことを思ってくれている両親の期待を裏切るなんて、すごく心が痛んだりもする。

 友だちもいるし、行きたいなって気持ちもないわけじゃない。

 でも、行かない。

 心が何か圧迫されて、泣きたくなって、でも泣けなくて。

 友だちと、スマップとかキンキのこと話したりして、楽しくなんかないけど、笑っている自分がほんとうの自分じゃないような気がしてきたりする。この子たちも心から楽しくって笑っているんだろうかって、そんなことを思ったりしていた。



 とりあえず、これくらいの分量ずつ、

時間をかけてと思っています。

 よろしくお願いします。



***********************



面白い偶然がいくつかありました。



10年ぶりくらいで会った方が、

実は、

我が家のすぐそばに住んでいました。



Facebookで、大学の後輩を見つけて(面識はない)、

友だちリクエストを送って、

何度かやりとりしていたら、

彼は、

ぼくの高校時代の同級生とも縁があることがわかりました。



娘の学校の校長と話していたら、

その校長は、

ぼくが、

これから一緒に仕事をする大学の先生と知り合いでした。



こういう偶然が起こるというのは、

いい流れに乗っているときだと聞いている。

特別、

何か得をするわけではないけど、

うれしくなってくるものね。



ちょっとしたことに、

うれしさとか、

喜びとか、

幸せを感じると、



運は、向こうからやってくるみたい。



もうひとつ忘れていた。

今、

ホピ族をはじめ、インディアンの言い伝えの話をもとに、

これからぼくたちはどうしたらいいのかという本をまとめているが、

この間、

昔のカセットを整理していたら、

長老にインタビューしたときの録音が出てきた。

録音した覚えはないのに。

だいたい、

記録はしないというのがルールなのにと、不思議に思う。

絶対に、隠し録りのような卑怯なマネはしてないからね。

特別に許可が出たのかな。

それを、

ずっと眠らせていたぼくも、

能天気だけど。



************************



12月3日の「安保徹先生・真弓定夫先生講演会」は、

朝は雨だったのに、

昼ごろには上がり、晴れ間も出てくるといううれしい天気だった。

お客さんも、

500人の席が満員。

良かった、良かった。

ありがとうございました。



************************



12月11日は、

映画「ホピの予言」の上映会&お話会。

気楽にやりましょう。

ぜひ、お越しください。



http://www.irukanogakko.jp/イベント情報/



************************



来年は、

知り合いが作った、

「SWITCH」という映画を、

西東京で上映しようと思っている。

遺伝子の研究者・村上和雄先生のドキュメンタリー。

人間には無限の可能性があるというのがテーマ。

勇気をもらえる内容だ。



http://www.sunmark.co.jp/switch/



************************



いつの間にやら、

12月も半ば。

年末年始の準備はOKですか。

今年はどんな年でしたか?

記憶に残る年でしたね。

来年は、どんなことが起こってくるのでしょう。

何が起こっても、

パニックになることなく、

冷静に対処したいですね。

そのためには、

日頃から、

心の持ちかたのシミュレーションをしておかないと。



ぼくは、

大震災以降、

心がけっこうネガティブに傾いてしまっていました。

やっと、

持ち直してきていますが、

だいたい、

困ったことは、

大した困ったことではなく、

うまく乗り越えられてしまうものです。



困った困ったと思うと、

困ったスイッチがオンになります。



大丈夫スイッチをオンにして、

今年の残り、

そして、来年以降を、

有意義な年にしていきましょう。
 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Gerard Autry (金曜日, 03 2月 2017 00:12)


    Definitely imagine that that you stated. Your favourite reason seemed to be at the net the simplest thing to remember of. I say to you, I certainly get annoyed while other folks consider issues that they just do not know about. You managed to hit the nail upon the highest as neatly as outlined out the whole thing with no need side-effects , people can take a signal. Will likely be again to get more. Thanks