小笠原ツアー2015のお知らせ

 去年に続いて、今年も小笠原ツアーを開催します。今回のテーマは、 

「のんびり ゆっくり 島の時間を感じ、味わう」

 です。

 毎日、毎日、あわただしくないですか? たまには、何の予定も組まず、ゆっくりとする数日を過ごしてみてはいかがでしょうか。それも、東京から1000キロも離れた、海も山も別世界のようにきれいな場所で。

 

 東京の竹芝桟橋から船に乗ります。25時間半の船旅です。こういう旅もなかなか体験できるものではありません。船の中では、ごろごろしたり、カードゲームで遊んだり、本を読んだり、ビ昼間っからビールを飲んで昼寝をしたり、デッキで海をながめたり、仲間といろんな話をしたり・・・。

 

 変化する海の色を楽しみ、夕日と朝日を拝んで、いよいよ父島到着です。宿の人が迎えてきてくれています。南国の日差しがまぶしい。これからこの島で何が起こるのか、胸が高鳴ります。

 

 宿で一休みしたら、町を散歩するもよし、海へ行くも良し。

 おしゃれな喫茶店もあるし、目の前はビーチだし。

 

 今回、予定をしているのは、2日目か3日目のドルフィンスイムだけ。クルーザーに乗って、まる一日、父島周辺を回ります。イルカに遊んでもらったり、海中公園で色とりどりの魚たちと泳いだりしましょう。あとは、思い思いにのんびりと過ごしてください。海で遊んだり、ヒーリングのワークもありますが、自由参加です。

 

 食事は、もちろん、町のレストランへ行ってもらってもいいですが、スーパーで食材を買ってきてみんなで自炊し、宿のテラスで食べるというのも楽しいものです。

 そうそう、宿も2段ベッドが2つの4人部屋(男女別)となります。

 

 そんな旅で良ければ、一緒に行きませんか?

 

*楽しい旅になよう、精いっぱいの努力をしますが、天候によっては船が揺れることもあります。自然が相手ですので、快適ではないことも起こるかもしれないという可能性は頭に入れておいてください。 

 

●ちなみに、昨年はこんな旅でした。

【1日目】10:00 東京竹芝桟橋出航(船内泊)

【2日目】11:30 父島着 一休みしてから海のリラクゼーション&スノーケル練習 夜:小原田弘美のスピリチュアルワーク

【3日目】ヒトミンの海散歩 又は フリータイム 

【4日目】ドルフィンスイム

【5日目】午前:フリータイム 14:00父島出航(船内泊)

【6日目】15:30 東京竹芝桟橋着・解散

*フリータイムでは、オプションでドルフィンスイムに出かけたり、みんなでビーチへ行って遊びました。

      ↑撮影:人見道夫さん(ヒトミン)          ここをクリックするとスライドショー開始 ↑

**************************************************************************

7月25日10時出発(8時半ごろ竹芝桟橋集合です)。

7月31日15時30分に竹芝桟橋に戻ってきます。

 

参加費:大人(中学生以上) 13万8000円 学生は船賃に学割がききます。学割証を用意してくだされば、その分、返金します。また、障がい者手帳をお持ちの方も船賃が割引となりますので、後ほど精算させていただきます。

小学生は80000円。未就学児はご相談ください。

 

*参加費に含まれるもの

 東京~小笠原間の船賃。ドルフィンスイム(1日)。海でのリラクゼーションやスノーケル練習、ヒーリングワーク。島での写真、イルカの写真。

(食費、スノーケルレンタル料、オプショナルツアーの参加費は含まれません)

*天候や海の状況によってはドルフィンスイムの船が出ない場合があります。そのときには、何か別の企画に振り替えさせていただく場合があります。料金は、精算いたします。

**************************************************************************

●参加をご希望される方は、

 

info@dolphin-ht.com

まで、メールをください。住所、氏名、電話番号を明記してください。

こちらから、ご案内のチラシ、お申込書、誓約書などを送ります。

正式にお申込みになる方は、お申込書と誓約書をお送りください。

参加費のお振込みもお願いします。

お振込み先は、ご案内のチラシをご覧ください。

キャンセルについても、チラシをご覧ください。

定員 20名


*船のチケットの販売が5月12日からとなっています。場合によっては、チケットが入手できないこともあります。キャンセル待ちなど、旅行が実現するよう最大限の努力をしますが、もしどうしてもチケットが手に入らないときには、ツアーは中止あるいは変更になります。あらかじめ、ご了承ください。いつもなら余裕で購入できるので大丈夫とは思いますが、おがさわら丸の最後の夏ということで、混雑する可能性はあります。