ドルフィン・トーキングタイム・スペシャル

西本真司先生講演会[終了しました。ありがとうございました]

西本真司医師は、和歌山で西本クリニックを開業。西洋医学のみならず、断食、氣功、漢方薬、笑い療法、音楽療法など、さまざまな治療法を使って、難病治療に当たっています。西本医師自身、20代のときに、ストレスによって潰瘍性大腸炎を発症。苦しい闘病生活を体験しましたが、薬による治療を最低限にして、自然療法を中心にした自然治癒力を高める治療を続け、今では完璧に治癒しました。その経験を生かして、潰瘍性大腸炎の患者さんが集まって情報交換をする場も作っています。これからの医療は、西洋医学、代替療法という枠を取り払い、その患者さんにもっとも適した治療法をうまく組み合わせていくことが必要です。その最先端を和歌山の地で実践されています。西本医師の実践されている医療とはどのようなものか? どんな効果が出ているのか? その裏付けとなる理論は? これからの医療のあり方とは? 自然治癒力とは? ジョークもたくさん飛び交い、ワッハッハと笑いながらすごいことが学べてしまう講演です。


西本医師の物語はこちら


西本真司(にしもと・しんじ)先生

1961年和歌山県生まれ。近畿大学医学部卒。熊本大学医学部附属病院麻酔科、熊本赤十字病院麻酔科、山鹿市立病院をへて、1996年に。西本第2クリニックを開業。2006年西本クリニック、西本第2クリニックを統合して西本クリニック院長に。西本クリニックは、「歌って踊って笑えるクリニック」と、大評判だ。著書に、「潰瘍性大腸炎が治る本」(3部作)「小林正観さんの『奇跡のセイカン』」などがある。


場所が変更となりました!

7月5日(日) 14時10分開場 14時30分スタート、16時半ごろに終わる予定です。

場所:ハロー貸会議室池袋Ⅱ Aルーム

(東京都豊島区東池袋1-22-5 サンケエビル8F

地図は、こちらをご覧ください。

参加費 2500円定員30名(先着順とさせていただきます)

お申込み、お問合せは、下記のフォームからお願いします

講演会終了後、懇親会も予定しています(料金別)

 

メモ: * は入力必須項目です

2011年小笠原ドルフィンスイムツアー

 大変な旅でした。だからこそ、余計に印象に残りました。朝の10時に竹芝桟橋を出航したおがさわら丸は、翌日の11時30分には父島に着くはずだった。ところが、八丈島を越えたあたりで、乗客の一人が急病に。ヘリコプターで搬送するとの船内放送があった。翌朝、おがさわら丸は、伊豆大島の沖にいた。ほとんど、振り出しに戻っているではないか。結局、40時間以上の船旅の末、ぼくたちは、父島に着いたのです。

8月6日 出航

   8日 朝5時30分 父島着  シーカヤックで一日遊ぶ。夜は、ナイトツアー

     9日 一日フリー。宮ノ浜海岸で泳ぐ

  10日 午前午後とも、イルカツアー(南島、海中公園、ドルフィンスイムなど)

     夕方、父島出航